首相の人事にだけ執着するのではなくて

首相の人事にだけ執着するのではなく、普段の政策も報道するべきでは?

自民党の総裁選挙が行われるということで連日のようにワイドショー的にいろいろなニュースが出回ってきています。

 

誰がどのように考えていて誰を指示しているか等本当なのか嘘なのかもよくわからないリーク情報に溢れて、ドラマのようなドタバタ劇が広げられています。

 

確かにこのような情報を見るというのは面白さもありますし、知りたいというニーズに答えたものではあるのですが、そこまでを特集するのであれば、もっと普段から政策についても細かく報道したり、解説していくべきだと思いませんか?

 

 

エンタメ的に報道するばかりになっている

 

直接選挙ではないですが、日本の首相を選ぶということで派手に特集を組んでいるというのはわかります。次の首相が誰になるかというのは多くの人が気になることです。

 

でも、こういう話はいつもこういう非常時というか、特別なときに限って報道するだけ。もっと普段からの政策判断であったり、この人はどう動いているのか、どの議員はどのような仕事をしている等ということはほとんど報道されません。

 

報道されるのは何かスキャンダルを起こしたときであったりエンタメ的に報道されるのみであり、ただみんながその相手に怒りを覚えるというときにだけ使っています。

 

エンタメの方が視聴率が取れるというのはあるのでしょうけど、日本の報道機関がどこもそのような調子でやっていて、肝心の政策の中身等を論じているような番組がほとんどないというのはどうかと思いませんか?

 

このままだとそのままTVやマスコミの報道を見ている人はみんな馬鹿になり、ワイドショー的なものしか追わなくなってしまいそうです。

 

 

 

もう少し情報的価値を考えるべきでは

 

報道についてはエンタメ的部分と切り離してもう少し情報的価値をつける、あるいは大人への教育的価値をつけるくらいのものがあってもいいのではないでしょうか。

 

普段から見ることで社会的意識が高まってくるような内容がもっとあってもいいと思います。そういう話はNHK任せにされているのか、ただNHKですらもそこまでまともな報道はしていないように思えます。国会中継をやれというのではなく、わかりやすく解説したり、議論をするような場があってもいいはずです。

 

報道に対するコメントとしても芸人コメンテーター、別に政策や経済に詳しくもないタレントが的外れなコメントをするというような習慣もどうなのでしょうか?

 

視聴者が言いたいことを代弁しているということにはなるかもしれませんが、それは意味がありますか?

 

そういう観点があるくらいの知識を与えてくれるようなコメントも必要なのではないでしょうか。

 

芸能おっかけのような報道ではなく、もう少し真面目な番組がないのかなと思ってしまいます。エンタメを否定するわけではありませんが、それを情報番組レベルでやっているのはどうかと思うのです。

 

 

 

こんなに熱中するのであればもっと他のことも

 

総裁選の話になると急に熱狂的に特集をしたり話題を出してくるということは、日常的な問題であったり、昨今のコロナ問題に関してももっと深い議論をしても良かったのではないでしょうか。

 

それこそが今問題となっていて、どう解決していくのか、どう収めていくのかというのが主要課題であるにも関わらずニュースはずっと危険なことをひたすら煽ったり、自粛の悪影響をひたすら煽るだけで、こんなにひどいことが起こっているのです、以上というだけで解決策的なものや、対処している経過段階への評価等は本当に表面的にしか行いません。

 

このような生命に関わる話、生活に関わる話であったとしても基本は面白おかしくする、あるいはなるべく煽り衝撃を与えようとすることが優先されてしまっているように見えます。

 

今回の選挙系のようにここまで熱中するパワーがあるのであれば普段からもっと別の側面を見せるくらいはやってくれてもと思います。

 

 

 

政権運営側も問題あり

首相の人事にだけ執着するのではなく、普段の政策も報道するべきでは?

 

政権運営側、政党側もですがこういうときにだけ動きが活発になっているようにも見えてしまいます。

 

こんなに行動するのであれば普段からももっと動けるのではないか、もし普段も同じように動いているのであればそのことをもっとアピールできるのではないかと思えてしまいます。

 

こういうときだけアピールが始まると、普段は逆にろくに仕事をしていないのでは、自分の地位が失われるかもしれないというときだけ動くのではというようにも読みとれてしまいます。

 

これは見せ方としては非常によくないですよね。派閥であっても普段から勉強会等を行っているのであればどのようなことをやっているかをアピールしてもいいはず。そしてマスコミ側ももっとそれを取り入れてもいいはずなんです。

 

普段は両者ともワイドショー的な動きしか見せず、こういうときだけ駆け引きがどんどん行われていく、行われているように見えるというのは何かちょっと違うのではないかということ。

 

それぞれが自分のこと、派閥のことしか向いていなく、どうやったら日本が今の難局を乗り越えることができるのか、再び復活して成長していけるのか等への意識が出てこないように見えてしまいます。

 

本当はそんなことがなく、日常的に国民のことを考えて動いているのかもしれません。ただそのことが一般人からすると極めて見えにくいという状態。
それはマスコミも含め大きな問題なのかではないかと思います。