英語リスニングはどれだけ聞いたことがあるかに比例する

英語リスニングはどれだけ聞いたことがあるかに比例する

 

英語が全然聞き取れなくて困っている。
どうにかして英語の聞き取り能力を上げたいと考えている人はたくさんいるかと思います。

 

日本で一生懸命英語を勉強している人はたくさんいますし、日本人であればほとんどの人が学校で英語を結構勉強したはず。それにも関わらず英語が聞き取れない、英語を話すことができないという人がたくさんいます。

 

英語リスニングのコツについて調べていたら帰国子女の人の発言として参考になるものがありましたのでここでまとめてみたいと思います。

 

 

ネイティブの発音に慣れていないだけ

 

日本人の多くが英語を聞き取れなくて困るというのはただネイティブの発音に慣れていないだけであるということで、量を聞いていけば聞き取れるようになるということです。

 

リスニングが難しくて聞き取れなかったとしても、実はそれを文字で見ると簡単なことしか言ってなかったりします。単語が難しいのではなくて、単にネイティブの発音になれていないというだけだということなのです。

 

これはわかります。特に日本人の英語の勉強だと、きれいすぎる英語の発音であったり、ゆっくりすぎる発音に慣れすぎてしまいます。それに学校での勉強なんてカタカナ英語が多く、本当のネイティブの発音をたくさん聞いて勉強した人が少なく、単純に聞いた量が少ないから聴き取れないというものです。

 

英語のリスニング教材を聞いても、実際のネイティブの発音と全然違っていてそんなにクリアにゆっくりと話さないよね、というものでいつまで経っても本当の英語が聞き取れないという問題が起こってしまいます。

 

 

映画を見るのがおすすめ

 

英語リスニング能力を高めるのにおすすめのものとして映画を見るということがあります。映画であれば本当にネイティブの発音そのもので教科書的な配慮は一切されていないため、映画をそのまま聞き取ることができれば、ネイティブの発音を普通に理解できるようになるということです。

 

そのポイントとしては英語字幕で聞くということです。英語字幕で理解して、問題なく聞き取れるようになれば字幕を外すということ。これで最後には英語で自由に聞き取れるようになります。

 

これを日本語字幕で見ると効果が薄れるということです。日本語字幕でも効果はないというわけではありませんが、日本語に無意識に変換してしまうのでよくない、どんな英語をどのように発音しているのかということを理解しにくいのでよくないということです。

 

英語を英語のまま理解するようになって、発音と文字が一致するようになっていけば、後はそれを繰り返すだけで理解できるようになるということです。

 

 

スピーキングに関しても文法ではない

 

スピーキングに関しても映画を見るのと似たような要素があり、文法ではなく英語をそのまま覚えるというものが良いとされています。

 

文法で自分で一生懸命文章を組み立てるのではなくフレーズごと覚えてしまう。歌の歌詞を覚えるのと同じように覚えてしまうというものです。

 

リスニングも一言一句覚えるのではなく、映画でフレーズごと理解してしまう、シーンごと理解してしまうのと同じようなものです。

 

実はネイティブが日常的に使っているフレーズはかなり限られていて、丸暗記してフレーズを覚えてしまえば後はその応用で話すことができるようになるということです。

 

これも非常に納得できる話です。
一つ一つ頭の中で単語を変換して文章を作っていてとても会話に追いつくなんてことはできません。決まったセリフを覚えてしまって、そのセリフならいつでも言えるというように作ってしまった方がよほど効率的だなということがわかります。

 

 

結局練習量が足りないだけなのかも

 

日本人が英語を上手く聞き取れない、話すことができないというのは本当の発音での練習量が足りないだけなのかという気もしています。

 

今回は帰国子女の人の話でしたが、大体英語を話せるようになった人の言っていることは一緒です。

 

文法や単語を軽視しているわけではありませんし、中学高校レベルが出来ていないと厳しいということはありますが、学校の勉強の延長をしているだけではダメで、実際に実践英語を聞き取り、そこから話す訓練をしていかないとダメだということです。

 

リスニング教材の英語はきれいすぎるんですよね。そんな話し方をする人はいないですし、映画の英語を見ると発音がくっついている(リエゾン)、音が潰れているなんてことが当たり前に起こります。だけれどもそのフレーズを丸ごと覚えてさえいればそんなに苦労することはありません。

 

日本語だって、「ありがとうございました」「いらっしゃいませ」なんて適当に発音している人はいますが、みんな理解できています。それと一緒でしっかりと発音するところで、くだけて発音されるところが決まっていて、それを理解していればOKなんです。

 

昔は日本人が練習するのになかなか良い教材がないというのが問題ではありましたが、今では映画等でいくらでも英語字幕で良い練習ができるようになりました。
下手な教科書を購入しなくても映画を使ってガンガン聞きこめばリスニングの不安というのは解消されていくかもしれません。