メタバースのサービスに日本企業が挑戦している

メタバースのサービスに日本企業が挑戦している

 

最近ネット業界で流行語大賞に言われているのがメタバースというものであるというニュース記事を見ました。

 

メタバースなんて言葉には全然馴染みがなかったのですがどうやら仮想空間ということをメタバースというように表現してるようです。

 

Wikipedia を参照すると以下のように書かれています。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9

 

メタバース、メタヴァース (英: Metaverse) は、SF作家・ニール・スティーヴンスンによる1992年の著作『スノウ・クラッシュ』の作中で登場するインターネット上の仮想世界のこと。転じて、将来におけるインターネット環境が到達するであろうコンセプトモデル[要曖昧さ回避]や、仮想空間サービスの通称としても用いられる。メタ (meta-) とユニバース (universe) の合成語。

 

メタバースに関連した概念として、仮想空間サービス(アバターチャット)・バーチャルリアリティやサイバースペースがある。

 

 

新たな造語として誕生したのがメタバースになるんですね。仮想空間でもいいような気もします。

 

 

セカンドライフは惜しかった

 

このメタバースについての話ですが今に始まった話ではなく昔からセカンドライフというような仮想空間のサービスというのもありました。

 

私自身はこのセカンドライフには行っていなかったのですが友人のやってるのを見たことがありますし当時は雑誌等でも多くのことを特集されているのを見たことがあります。

 

仮想空間で自由に動くことができますし企業も参入して色々な広告を出したりということで盛り上がるかのように見えましたがその時代があっていなかったということとその当時の PC のスペックではなかなか厳しいものもあり、またその映像技術などもまだまだというところがあり入らないで終わってきたというところがあります。

 

ただ今現在もセカンドライフ自体は終わっていないということです。このサービスが再び人気を出してくる可能性もあるかもしれませんしそうでなくても似たような仮想空間的なサービスがどこから出てきてもおかしくありません。

 

 

アメーバピグも一種の仮想空間では

 

おそらくこの10年ぐらい流行ったと思うのですがアメーバピグというのも一種の仮想空間サービスだったように思います。

 

ゲームなども出てきてそちらがメインになったりしたこともありますが基本的には誰人数が一つの仮想空間で集まってコミュニケーションを取って開いていけるような土台ができたりもしていました。特別な何かが弱されていたというわけではありませんのでいきなり他人とつながるというのは難しいところもありましたが、ブログサービスも流行っていましたしうまく使うことになって自分自身の生きる場所を確立できたという人もいるかもしれません。

 

ブログもそうですが現実とは違う場所に置いて自分の表現したいことを表現して、周りから評価される場所、また評価されないとしても新たな交流ができる場所というのは今後も役に立つようなものになるのではないでしょうか。

 

 

メタバースは求められている

 

メタバースと呼ばれる仮想空間のサービス。このことに対する需要はとても大きいものだと思います。現実ではできないことを仮想空間の中で出来るというのは上手に楽しいというところもありますし、色々な場所での自分の居場所を見つけるというのは素晴らしいことです。

 

どうしても今の現代人には居場所というところが難しくなってきてるように思います。夜中は既に核家族化が進んでいますし地域で交流するようなことというのも都心部ではほぼなくなってきてしまっています。

 

子どもも学校が中心となりそこのコミュニティでうまく受け要られなかった場合に他のところで楽しく活動していくというような場所が足りないように思います。大人であってもそれは同じです。

 

大人も基本的には会社で叩いたりする人が多いでしょうけれどもその会社の中で自分の居場所がなくなってきたりなかなか気まずい思いをしている人も多いでしょう。またはそつなくそこで生活することができていたとしてもそれは給料がもらえる場所だからこそそうしているのであって本当の自分とは違う、自分が生きやすいように生きていないという人も多いかと思われます。

 

メタバースではそのようなことから抜け出して自分の本当にやりたいことをやったり表現したいことを表現する、誰かとコミュニケーションをとっていくということが可能になるかもしれません。

 

 

今現在はゲームやアニメ系で発展してきている

 

今現在ではゲームのサービスを使ってそのサービスがメタバース化していったり、アニメ系のサービスでそのサービスがメタバース化するというような動きが出ているようです。

 

今はまだ特定の層を対象としたようなメタバースのサービスとなっているのかもしれませんが今後益々、メタバースが広まってくると、一般の人たちも楽しめるような場がもっと増えてくるかもしれません。
この分野に関しては日本も結構頑張っているということで、今現在IT分野等ではかなり負けているという現状があるかと思いますが、このメタバースの分野で日本全体をカバーしたり海外に進出してというような事がもっと広まってくれば、また日本発祥文化として非常に面白いものが出来上がってくるかもしれません。

 

本当に超本格的なものはまだまだこれからということになるかもしれませんが、今後の新しいコミュニティ等として期待したいですね。