mimicのイラストAIサービスが話題になっています

 

mimicのイラストAIサービスが話題になっていますね。
このサービスはアップしたイラストをAIが解析して、同じ画像テイストのまま別の画像を作ってくれるというもので、新しくリリースされました。

 

ところがこれが不正利用を招くということでネット上で大きく炎上したのです。
もちろんサービス開発についてはそのような意図はありません。

 

また利用できるのは絵を描いた本人が自分の絵を利用するだけであり他人の絵をアップしてAI解析させることはできないようになっています。

 

ただそれでも他人の絵をアップしてAIで画像を作ってしまう人は出てしまうでしょうし、そういう人がその絵を悪用する、自分の画像として使ったり、他人に販売したりということも出てきてもおかしくないのかもしれません。

 

ただでさえ、今でも盗作・パクリ問題というのは出てきて問題になっています。
これが問題となるのは必然だったのかもしれません。

 

だからといってもこのサービスを中止したとしても、次に海外で似たようなサービスが出てきた場合それを防ぐことはできません。技術自体はもう存在している以上、他のまともではない海外企業がサービス展開した場合、著作権も何も主張できない、事実上意味がないものにもなりかねません。

 

上手くAIを利用する方向で動いていかないと、下手に制限をしてもそれは意味のないことになってしまうかもしれない、このあたりが非常に難しいところなのです。

 

AIの画像分析能力やパターン認識能力は日々進化する

 

AIの画像分析能力やパターン認識能力は日々進化していますから、今後同じようなサービスが出てくる可能性は高いです。
そのときどうするかは運営者側に考えてもらうしかない部分もあるのです。
もちろんこのようなことがないように気をつけて欲しいとは思いますけどね……。
今回紹介したようなAIを使った新しいサービスって面白いものが多かったですね。
こういったものはどんどん増えていくと思いますし、これからもっと色々なところで使われていくことでしょう。
そうやって世の中がよくなっていくといいなあと思ってしまいます。

 

 

今後のAIはどうなっていくのか?

 

今後もAI技術は進化を続けていくことになるでしょう。そしてどのような未来が訪れるのか非常に楽しみでもあり恐ろしくもあります。
今回の記事ではそんな未来のテクノロジーについてお話したいと思います。
AIの発展によって私たちの生活はどのように変わっていくのか。そしてAIの技術が進んでいくことによってどんなことが起こるのか。
そういったことについて書いていきたいと思います。
まず最初に私が思うのはこれからのAI技術の進歩により人工知能によるロボット産業への応用が大きく進んでくるのではないかということです。例えば自動運転自動車などは現状まだ人間の運転よりかは劣るものの徐々にその領域に近づいてきています。さらに今後は完全な自律型ロボットが登場するのではないでしょうか。そしてそのロボットは自分で考え、学習しながら成長していくようになるはずです。
そうすると現在の人間の仕事の多くを奪っていく可能性があります。今現在ある仕事でも将来的にはほとんどなくなってしまうようなものも出てくるかもしれません。それほどまでにロボットという機械の力は大きくなっているわけです。
他にも様々な分野でロボットの活躍がみられるようになると思われます。近い将来にはロボットが人の代わりに働いてくれたりする社会がやってくるかもしれませんね。

 

また一方では人工知能の研究が進めば進むほど、人間の仕事は奪われていくのではないかと私は思っております。現にすでに多くの仕事が人工知能に取って代わられていっているからです。これから先はさらに多くの仕事が人工知能などに取って変わられていくのでしょう。
しかしこれは悪いことばかりではありません。人間にしかできないと思われていたことの多くはいずれ人工知能などに置き換わっていくことになりますので、人間の仕事自体が減っていきます。結果的に失業率が下がりますし、少子化の問題なども解消されやすくなるでしょう。
そう考えればむしろ人間は働かなくてもよくなる時代が来るかもしれないくらいです。そうなれば労働時間という概念そのものがなくなる可能性も高くなりますしね。まあ実際そうなるかどうかはわかりませんけど……。
いずれにしてもこれからは人間と人工知能との戦いになっていくのかもしれないなと感じています。人間が優位に立つために何をすべきか、どういう方向に向かっていくべきなのか、しっかり考えていかないといけないでしょうね。

 

AIの性能は飛躍的に向上しつつある

 

AIの性能は飛躍的に向上しつつあります。ディープラーニングと呼ばれる手法を用いて、これまでの常識を超えたスピードで処理できるようになってきたためです。
このディープラーニングとはいったいどんなものでしょうか。簡単に言えば今まで人間がやっていたことをコンピューターに任せてしまおうというものです。たとえば画像認識の分野では、これまで人間であれば経験を積んで得られるものが、コンピューターを使えば一瞬で結果を得られるようになりました。そのため従来よりも圧倒的に少ない労力で正確な判断を下すことができるようになったのです。
これに伴ってあらゆる業界においてデータサイエンティストの需要が増してきています。ディープラーニングを活用して過去の事例を分析することで、どんな情報が必要とされているのか、あるいは必要ではないのかなどを瞬時に判断することができます。こうした一連の作業をすべてコンピュータに任せられるようになっているのが今のAIなのです。
つまりAIを導入することで企業はその業務にかかる手間を大幅に削減することができるようになります。これによって企業の生産性を高めることも可能となるでしょう。
今後ますますAIを活用したサービスは増えていくことでしょう。特にインターネットの普及によって世界中の情報が手に入るようになった今、そうした情報はAIにとって大きな価値を持つものとなります。そこで膨大な情報を解析することによって、これまでになかった新たな発見をしたり、これまでにない方法で問題を解決したりすることもできるようになると考えられます。
これからもAIの技術は発展していき、人々の生活を豊かにしてくれるはずですからね。ぜひとも頑張ってもらいたいところです。

 

 

AIに仕事を奪われないようにするには

 

AIに仕事を奪われないようにするにはどうすればいいのでしょうか? 最近よく耳にするのがAI(人工知能)の導入による自動化や効率化といった言葉ですよね。確かにこれからの時代はますます機械化が進むことは間違いありません。そのために私たちはどういったことを考えなければいけないのか、少し考えてみたいと思います。
まず第一に考えることとしてはやはり自分自身がどうやって生きていくかということではないかと思うのです。もし仮に自分の仕事がすべてAIなどの機械によって奪われてしまったらどうなるでしょうか。おそらくほとんどの人は収入を得られなくなって路頭に迷うことになるでしょう。そうならないようにするためにはやはり今からしっかりとした対策を打っておく必要があるのではないでしょうか。とはいえ具体的な方法となるとなかなか思いつかないというのが実情だと思います。ただ何もしないわけにはいかないですしね……。
そんなときのために私がお勧めしたい方法は一つしかありません。それは自分がやりたいことをやるということです。要するに自分の好きなことや得意なことに力を入れればいいわけですね。そうすれば自然と自分の得意分野の知識が増えますから、それがそのまま自分の強みになりますし、自分の能力を伸ばすことにつながります。だから私はいつも自分の専門分野の勉強だけは欠かすことなくやってきたわけです。もちろんそれだけでは不十分ですから、他のことも並行して行ってきましたけどね……。とにかく自分なりのやり方を見つけてそれを徹底して続けるということが大切です。たとえどんなに辛いことがあっても、あきらめないで続けていれば必ず道は開けるはずですから……。みなさんも是非がんばってみて下さい!