youtuberで炎上すればOKという風潮が嫌い

もう今に始まった話ではないのですがyoutubeで炎上すればそれで再生回数が上がって収益も上がるのでそれが繰り返される。

 

炎上でもなんでもいいので再生回数が増えればOK。こういう風潮は非常に嫌っています。

 

やはり炎上芸は見ていて不快になりますよね。
そして見なければいいとはいってもこんなに毎日のようにニュースやSNSで流されていて黙っていても目に入ってくる状況ではどうしようもありません。

 

 

炎上についてのテーマ

 

以下は炎上についてのテーマで書いてもらいました。
炎上芸人なんて言われていますが、本人達はそんなつもりはないでしょうし、ただ動画をアップして再生数を上げたいだけなのでしょうけど……。
しかし結局、炎上した人の過去動画を見てみたりすると面白かったりします。
この人は過去にこんな事をやらかしていたんだとか、ああいう事があったからこその今の彼なんだなとかね。
そういう過去の失敗談だったり面白い話がたくさん詰まっているのでやっぱり炎上するのは勿体ないです。

 

本当に好きな人ならどんな形でもいいので応援したいと思うものですよね。
それなのに炎上したら儲けものだみたいな考え方をする人もいたりするので悲しいですね。
炎上する人の共通点としてまずあげられるのが喋らないことです。
無口キャラであったり寡黙キャラであったとしても喋ると印象が違うはずですよね? 実際、私自身もそう思います。
喋ることで相手の反応を見ることもできますし、そこから会話を広げていく事もできるわけですから。

 

そして炎上芸人は声が大きいのも特徴の一つです。
テレビでよく見る芸能人なんかも大声で笑ったりしている事が多いのでわかりやすいと思います。
そもそもなぜ喋らないのか……それは話す事に自信がないからです。
特に喋る事に自信のない人は自分が思っているほど相手に伝わらなかったりするんです。

 

相手に伝わるように言葉を紡ぐというのはとても難しい事ですが、それでも頑張って伝えようとする姿勢というものはとても大事だと感じました。
私は小説を書いている人間なので余計に喋れない人に親近感を覚えます。
逆に言えば喋れる人ほど筆力が高いとも言えるかもしれません。

 

やはり文章を書く上で大事な事はいかに自分の想いを相手に伝える事ができるかだと思うんですよね。
だからといって別に饒舌である必要はなく、しっかりと言葉を選んで書く事が重要だと思いました。
炎上芸人という言葉があるくらいですから、何かしら炎上する事によって有名になった人もいるという事です。
しかし炎上商法にも限度があるので、あまりやりすぎると逆効果になる可能性もあり、下手すれば人気が落ちてしまう事もあるかもしれないので気を付けたいところです。もちろん視聴者の事を考えて行動しているのであれば全然構わないんですけどね。
炎上してしまう原因とは一体何なのでしょうか。
これは人それぞれ様々な理由があると思いますが、基本的に問題となるような事をしなければ炎上はしないはずです。
例えば特定の人をターゲットにして批判したり、その人を傷つける発言をしたりするなどですね。
また、自分語りばかりをしたり、他人を見下す発言などをするのも良くありませんね。
他にも悪い意味で目立ちたがり屋だったり、過激な思想を持っていたり、他人に迷惑をかけたりというのも炎上の原因になり得ますね。
もしこれから何かを投稿したいと考えている場合は、これらに気を付けていれば良いのではないでしょうか。
今回はテーマが炎上についてでしたが、結局は人と関わる以上多少のトラブルはあるものです。そのリスクをどれだけ回避できるかが大事になってきます。
他人の意見を聞き入れるのも大切ですし、とにかく相手を思いやる心を持って接する事できっと多くの人達と良好な関係を築くことができるでしょう。
最後に私の経験上の話なのですが、意外と人から嫌われていると思っていた人が実は好かれていたりする事もあります。つまり自分から見た自分とは違った側面もあるわけで、それを知るためにもいろんな人と関わっていきたいと思っています。
今回の記事では炎上をテーマに書きましたが、本来はもっと多岐にわたって取り上げるべき内容だと個人的には思っています。それだけ現代社会において炎上というワードには敏感になっているという事だと思います。

 

 

炎上をエンタメとして楽しめるか?

 

炎上をエンタメとして楽しめるか?これは非常に微妙なところだと思います。誰かにとっては面白くても誰かが不快に思うのではよくありませんよね。ただ単にネタとして楽しめればいいのですが、あまりにも度が過ぎると逆に反感を買ってしまうこともありますので注意が必要です。

 

以前、某有名アーティストのファンアートを描いた方がいましたが、それがネットニュースになってしまい、ファンからは非難轟々だったようです。確かに気持ちはわかりますけど、それを面白おかしく扱ってしまうとただの迷惑行為でしかないですからね。

 

この件について賛否両論あると思いますが、私は賛同できません。そもそもの話、こういったイラストや漫画などは著作権的にグレーゾーンと言われていて、場合によっては訴えられる可能性もゼロではありません。だからこそそういったものを勝手に描いてはいけないのです。
とはいえ、完全に違法というわけではないので、きちんと許可を取ってから描くべきでしょうね。そうすれば少なくとも炎上することはないでしょう。
ちなみに私も過去に描いたことがありまして、今でもたまに絵を描いて公開しています。といってもクオリティは低いですけどね……(笑)

 

まあ趣味程度ですので許してください! 私が一番恐れているのは自分が好きな作品を貶められることです。作品が好きであればある程、誹謗中傷されると心が痛みますよね?しかもそれに反論してさらに火種を大きくする人もいるのですからタチが悪いです。

 

私としては二次創作の同人誌を描いている人達が羨ましく思います。だって自分で好きなようにオリジナルの作品を生み出せるわけですからね。そして他の人達に認めてもらえるというのは物凄く嬉しいことだと思うんです。だから私はそういう風に創作活動をしている人は素晴らしいと思いますし、尊敬します。
もちろんオリジナルの小説を書く時もそうですけどね。

 

でもやっぱりお金を出して買ってもらう為に描いている作品は売れなければ意味がありませんよね。売れるためにはたくさんの人に読んでもらわなければなりませんからね。そのためには宣伝も必要になってきます。そこでYouTubeやニコニコ動画といった動画サイトを利用して無料で宣伝するという手段がありますよね。最近はSNSも盛んになってきているのでそちらで拡散してもらうという手もあります。特にツイッターは有効かもしれませんね。しかしTwitterはあまり上手く使えていない人が多い印象を受けます。やはり顔出しNGの方も多いですし、登録者数が少ないとあまり効果は期待できないかもしれません。

 

そうなると必然的にpixivを利用するしかないと思うんですよね。あそこなら同じ趣味を持った方達が多くいるわけですし、フォロワー数もかなり多いですからね。多くの方に見てもらえればそれだけで大きな宣伝になりますよ!