スピークナチュラルの効果について

スピークナチュラルの効果について

 

英会話を学びたいけど、英会話は本当に難しい・・・  
また英会話教材はたくさんあるけど、どれを選んでいいか   わからない・・。    

 

そんな人におすすめなのものとしてスピークナチュラルという教材があります。

 

教材を見るとわかるとおり、スピークナチュラルは赤ちゃんが言語習得をするときの方法を応用して、英語を学習するようにした教材なんです。

 

特徴として以下のことがあげられています。

 

当記事は過去記事です。スピークナチュラルは販売から時間が経過した教材であり、現時点で適しているかどうかはわかりません。幅広く教材をチェックして購入を検討していきましょう。

 

 

 

1 徹底した会話型学習

 

英語を聞くだけではなく、話すことを前提として教材仕様になっています。
実際に英語を聞いて、自分でも発音してみるということ。

 

音読が効果的だという話はよく聞きますが、まさにその通りで、自分で発音してみないとわかったつもりになってしまい、自分自身の力とはならなかったりするものです。

 

2 誰でも聞けるスローリスニング

 

スローリスニングということで、ゆっくり英語を聞いてその内容をマネしていくというつくりになっています。

 

最初から本物のネイティブの英語を聞いてもわかるはずがありません。ゆっくり聞いてマネして少しずつ身につけていくということで、自然に少しずつ能力を上げることができるため、英語が苦手な人も安心です。

 

 

3 7語以下でかんたん!シンプルイングリッシュ

 

7語以下の短い文章で表現できるようにするということを心がけています。

 

複雑な長い文章を話せるとかっこいいと思うかもしれませんが、その前に、難しいことを考えすぎて、かえってまとまらなくなってしまったりということはあります。
実際、ネイティブは簡単な単語で話しているものです。

 

会話のキャッチボールを行うことができるように短文を身につけるということを優先しています。

 

4 文法なんていらない

 

日本人が日本語を話すときに文法を意識して話している人はいません。同様に英語のネイティブであってもそれは同じことになります。スピークナチュラルの教材でも文法ではなく話すことに重点をおき、会話を学ぶことにより文法いらずでコミュニケーションを取れるようにしていきます。

 

以上のような特色があります。
英語が今まで苦手にしていた人ほど、求められる内容ではないでしょうか。

 

 

英語を話すトレーニングもできる

 

スピークナチュラルの教材の特徴として話すトレーニングも出来るように作られているという点があります。

 

これはよくある聞き流し教材とは全く異なるコンセプトということになります。

 

聞き流し教材の効果の是非というのは難しいところですが、少なくとも初心者・初級者レベルにおいてはまだリスニングの基礎ができておらずただ聞くだけで英語が話せるようになるというのは無理があるように思います。

 

自分で話せないものが、急に効いているだけで話せるようになるということはありません。

 

一定レベルを既に身につけて、情報を受け入れられるキャパシティが出来た状態でないと英語のシャワーを浴びても厳しいのが現実だと思います。

 

その点、この教材は基礎の基礎に立ち返りスピーキングの重要性も把握した上で作られているという点で魅力があるのではないでしょうか。

 

やはり英語は話してなんぼ、ということは間違いない話であると思います。

 

短い言葉で英語を話すということの重要性

 

このスピークナチュラルの教材では7語で話すというコンセプトが入れられています。

 

英語を話すのに長い英語を組み立てて話すことができればそれに越したことはないのかもしれませんが一番大切なのは簡単な言葉できちんと意思疎通ができることです。

 

高度な単語を使っても相手側に通じなければ仕方がなく英語は高度な取引等ではなく、またネイティブが全てでもなく、今では全世界共通のコミュニケーション言語としての役割が大きくなっています。

 

できるだけ簡単な言葉で相手側が問題なくわかるように話す。これが大事です。

 

実際のネイティブもそこまで難しい言葉は使っていなく、実は簡単な言葉の中にさまざまあニュアンスが含まれていたり、単語の組み合わせで意外な意味を作ることができたりするものです。

 

どんどん難しいものに進むというよりも基本に立ち返って簡単な言葉で英語を理解しようとすることは、今後のコミュニケーション社会に求められてくる力となるはずです。