クリクラの評判はどうなっているの?

クリクラの評判はどうなっているの?

この記事をご覧になっている方はウォーターサーバーの評判について気になっている方だと思います。         

 

これからの時代は「安全で品質の良い水」が求められる時代。 

 

販売サイト等はたくさんあると思いますが、 実際に使ってみたらどうなのかというところについては、宣伝だけじゃないの?と気になることも多いと思います。

 

今回、勤務先の事務所にもこのクリクラのウォーターサーバーを入れることになりましたので、ご紹介したいと思います。

 

実際のクリクラ設置について

 

ウォーターサーバーというとそれなりの広い場所がないと厳しいのでは?と思う方も多いかもしれませんが、意外と省スペースでも設置できるものです。

 

サーバーはLとSの2種類ありますが40〜50cm四方もあれば十分です。
L(幅)305mm×(奥)350mm×(高)990mm
S(幅)270mm×(奥)460mm×(高)510mm

 

冷蔵庫の横において、飲み物を飲むような感覚でウォーターサーバーの水も一緒に。

 

コーヒーや紅茶等飲み物にお湯を使うときも近くにあると便利です。
クリクラのウォーターサーバーのメリットとして水だけではなくお湯もすぐ出せるということがあります。
急にお客様がいらっしゃった場合や、お湯を沸かすは面倒というときでもすぐに利用することができるんですよね。

 

90度のお湯まで出るようになっています。
一つのボトルに12L入っていて、ボトル単位で購入していくことになります。
料金は1ボトル1260円。ミネラルウォーターを常備しているような感覚と変わらないかもしれません

 

実際に使ってみた感想

 

クリクラをいつも使っているスタッフに感想を聞いてみました。

 

Aさん (20代女性)

いつも便利に使わせて頂いております。最初はお湯の出し方がわからず、少し不便に感じましたが、今はお湯が出る前に一作業入る事で、危険防止になっていいなと思います。またお湯の温度が以前自宅で使用していたウォーターサーバーより熱いので、そこも気に入っております。

 

Mさん (30代男性)

90度のお湯を常時使用できるので、来客用のお茶を入れるのに便利ですし、インスタント麺等にも利用できるので非常に重宝しています。電気量もそれほどかからないですし、交換用の水も安いですし、導入して非常に良かったです。

 

 

やはりウォーターサーバーで熱いお湯が出るというのは他と違った便利な機能ですね。
ミネラルウォーターを買いこむよりはずっと便利な感じです。

 

現在、約1週間のお試し期間があります。
お試し期間は無料なので是非一度利用してみてはいかがでしょうか?

 

クリクラの電気代

 

クリクラのサーバーレンタル料は無料となっています。
でも電気代が高くついたらどうしよう・・と思う方も多いのではないかと思います。

 

クリクラの電気代ですが、平均で1,000円/月ほどとなっています。使用状況にもよると思いますがそこまで変動することはないでしょう。

 

その代わり、電気ポット等を使用しなくてよくなる、急いでお湯を沸かす必要がなくなる、ミネラルウォーターを買いにいく手間等を考えると、十分ペイする金額だと思います。

 

電気ポットだって数百円程度の維持費はかかりますし、ミネラルウォーターは高いし、買いに行く時間も一種のコストですからね。

 

料金も12Lで1260円なので、500mlのペットボトルを1本52.5円で買っているのと一緒。実はかなりお得なんです。

 

 

無料お試しができますので、一度使ってみて電気ポット等と比較してみるのもいいかもしれません。

 

クリクラの放射能検査は?

 

クリクラを使うとする方にはおいしい水を飲みたいというのはもちろんですが、本当にミネラルウォーター等と比べて安全なのかというのも気になることだと思います。

 

特に水をベースとすることから放射能についてはどうしても気になってしまうかもしれません。

 

クリクラは実際に放射能についても検査を実施しています。

 

厚生労働省より発表されました、飲料水の放射性セシウム新基準値10Bq/s(平成24年4月1日施行)に沿って検査を行ったところ、放射性物質が含まれていないことが判明したと発表しています。

 

これで科学的にも証明されたので安心して利用できると思います。

 

 

ウォーターサーバーは無料?

 

普通、ウォーターサーバーを用意するにはある程度のお金がかかると思います。

 

今までウォーターサーバーはそれなりのお店や大きい会社しかないというようなイメージだったので当然かもしれません。

 

でも、クリクラに関しては、
・サーバーレンタル料
・入会金
・ボトル宅配料
全て無料となっています。

 

だからといって、水が高いというわけでもなくミネラルウォーターを買うよりも安いというものです。

 

売上が大きくなって規模が大きくなってきたので価格も下がってきたのかもしれません。

 

その代わりメンテナンスとして年間5000円はかかるようです。さすがにいつまでもメンテナンスされないと衛生面で良くないでしょうし、必要最低限の経費という感じです。

 

それにしても、見た目はそれなりな感じなのに初期費用がかからないというのは大きなメリットだと思います。

 

クリクラとアクアクララの違いは?

 

ウォーターサーバーの有名どころといえば、クリクラの他にアクアクララというのも有名ですよね。

 

では、クリクラとアクアクララでは、どのような違いがあるのでしょうか?

 

価格面ではクリクラの方がお得

 

価格面で見た場合、長く使っていくことを考えるのであればクリクラの方がお得になっています。

 

クリクラ

・サーバー代 無料
・メンテナンス料 年間5250円
・ボトル 12リットル 1260円

 

アクアクララ

・サーバー代 有料
月1050円(アクアクレール)・月1575円(アクアアドバンス)・月1890円(ディズニーキャラクターサーバー)
 サーバー代だと、一番安いアクアクレールでも年間12600円かかります。
・ボトル 12リットル 1260円

 

水の料金は変わらないため、サーバー代を見た場合はクリクラの方がメンテナンス以外に月額費用が発生しないため安くなるといえます。

 

水の質についてはどちらもRO水と呼ばれるものになりますので大きな違いはないと思いますが、好み等はあるかもしれませんのでお試し等してみた方が良いと思います。

 

RO水とは

 

クリクラの水はRO水という性質のものを使用しています。

 

これは浄水システム=ROシステムによって不純物を限りなく除去したものとう位置づけになります。

 

日本語で言うと「逆浸透膜(ぎゃくしんとうまく)」という、ろ過膜の通して、塩類などの水以外の不純物を取り除いたというものです。

 

単位でいうと一般の浄水器が1ミクロンの濾過精度であるのに対しROシステムだと0.0001ミクロンという数値になります。
ざっと通常の浄水器の1万倍!の精度で不純物が取り除かれているんですね。

 

これは、NASAやオリンピック選手村でも採用されている極めて安全度が高い方法になります。

 

ミネラルウォーターより安心

 

RO水というようなろ過の方法だと、やっぱり天然のミネラルウォーターと比べると良くないのでは?と思う方もいるかもしれません。

 

実はミネラルウォーターの方が天然の成分が入っているがゆえにミネラル成分がバランスを崩すということもあるのです。
赤ちゃんのミルクにつかう場合等、ミネラルウォーターを使ってはいけません。

 

・ミルク、離乳食作りに使用
・お茶、コーヒー、ハーブティー等の使用
・お米を炊くのに使用

 

等RO水は安全性が極めて高くものになり、おすすめできるものになります。